借地権とは

HOME

借地権とは

借地権とは、「建物所有を目的とした土地賃借権及び地上権」のことを言います。「他人の土地に、自己所有の建物を建てる権利」と言い換えることもできます。あくまでも「建物の所有を目的として土地を借りる権利」であり、「ただ単に土地を借りる権利」ではありません。

地代とは

地代とは、土地を借りていることの対価として毎月支払う代金(賃料)のことを言い、これは借主と貸主の合意で決められたものです。地代・賃料の額を変更する場合、原則として、借主と貸主の間で新たな合意が必要です。しかし、借主・貸主が合意しない場合でも、一定の場合、地代・賃料の増額・減額を請求できる場合があります。

地代や更新料について「よく起こる問題」

  • 借主
    地代を値上げすると言われたが、納得がいかない・更新料を払いたくない
  • 貸主
    地代を払ってくれない・地代を値下げするよう求められた・更新料を払ってくれない
  • お互い
    地代の増額(減額)の交渉をしたいが、どうすればいいのか分からない…

貸主からすれば収入源、借主からすれば負担に関係するものですので、金銭に関する問題が多いです。弊社では地代や更新料の額が適当か否か調査して、現時点で適当な額を貸主(地主様)に提案し、問題解決へ導きます。

借地権に関するQ&A

借地上の建物の増築や改築(建て替え)は自由にできますか?

契約書の内容にもよりますが、地主の承諾があれば可能です。承諾料などは契約に基づきます。また、承諾料の契約による取り決めがない場合、判例からその金額を算出することができます。弊社では、諸々の承諾料を計算根拠を示したうえで、具体的に算出し提示いたします。

借地権を売却するには、地主の承諾が必ず必要なのですか?

借地権には地上権と賃借権の2種類があります。地上権の場合は売却するのに地主様の承諾は必要としませんが、賃借権の場合は売却するには民法612条1項の規定により、地主様の承諾が必要となります。

借地人から土地を返してもらうことはできるのですか?

土地の返還に関して、借地人と合意すれば可能です。しかし借地借家法では、更新拒絶など、貸主側の理由で借地契約を終了させる場合には、正当事由が認められなければならないとしています。違法行為があった場合や建物が朽廃した場合は、土地を返してもらうことは可能です。

土地賃貸借契約書が無い場合、どのような問題がありますか?

契約書が無い場合、まず契約期間が不明であるため更新時期も分からず、更新料の請求ができません。また、本来契約書において約束しておくべきことも、契約書そのものが無いため、借地人に有利な内容に解釈されてしまい、地主様の相続人であるお子様やお孫様に、将来大変な迷惑をかけることになります。次の世代を担う子孫のために、きちんとした契約書を残しておくべきでしょう。
株式会社クリエイティヴヒル・コミュニケーションズ 地主様専用借地権相談事務所

〒161-0032 東京都新宿区中落合3-25-15 TEL:03-5996-3624 FAX:03-5996-1026 [営業時間] 10:00~18:00
[定休日] 水曜日・日曜日・祝日 [許可] 東京都知事免許(3) 第83622号 [訪問可能エリア]東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県
オフィシャルサイト MAP

お問い合わせ